岩橋クリニックの診療案内

拡散型圧力波治療器(ショックマスター)

この度、欧州をはじめリハビリテーション先進国を含む世界65カ国で、
注目を集めている最先端機器『拡散型圧力波治療器(ショックマスター)』を導入しました。

拡散型圧力波治療器(ショックマスター)

今年、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した大谷翔平選手をはじめ、
たくさんのスポーツ選手にも使用されており、筋・腱の炎症による
慢性的な痛みに悩んでいる方々にも効果的な治療機器です。

拡散型圧力波治療器(ショックマスター)とは?

圧力波(圧縮空気を生み出す強い振動)を患部へ当てることで、痛み(知覚神経)を一時的に
麻痺させます。治療を繰り返すことで、患部やその周辺の細胞の活性化を引き起こし、組織
の再構成・治癒(回復)を促進させます。治療後は、即時的な鎮痛効果も期待できます。

また、血流と組織代謝を増加させることで、組織の変性や石灰化沈着など、慢性化した治り
難い痛みを取り除くことができます。

拡散型圧力波治療器(ショックマスター)は、名称の通り、振動が拡散して届くため、患部だけで
なく、ターゲットがその周囲(広範囲)にも及びます。そのため、筋・腱の炎症治療に適しています。

圧力波の原理

圧力波の原理


当院の対象疾患/部位について

筋・腱の炎症をはじめとした、慢性的な疾患が対象部位となります。
外科手術に頼ることなく、痛みの緩和、治癒が期待できるため、
スポーツの早期復帰・早期回復を目指す方々にも適した治療です。

  • 肩関節周囲炎/石灰化沈着性腱板炎
  • 上腕骨(内・外)側上顆炎 (テニス肘・ゴルフ肘)
  • ばね指
  • 膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)
  • オスグッド・シュラッター病
  • シンスプリント
  • アキレス腱周囲炎
  • 腓骨筋腱炎
  • 足底筋膜炎  等

治療方法について

機器を患部(痛みの強く感じる部位)へ当てて、
治療を行います。
1回の施術:5分〜10分程度

治療後は、組織が再生するまで
1週間程度休養します。
※治療中は、抗炎症性の高い鎮痛剤の使用は控えてください。
また、治療後すぐは、患部のトレーニング・物理療法(低周波治療・超音波治療 等)は、
控えてください。

個人差はありますが、治療を繰り返すことで、徐々に痛みが減少し、
治療終了時には動きも良くなります。
症状にもよりますが、3回〜6回(1ヶ月)程度の治療が目安です。


治療ができない疾患

次の疾患は、禁忌となります。予めご了承ください。

  • 捻挫・肉離れなどの急性疼痛
  • 骨粗鬆症
  • 埋め込み型ペースメーカー
    (電磁障害の影響を受けやすい医療機器埋め込み患者)
  • 心臓疾患

※妊婦・出産直後の方や知覚障害、体調不良の方は対象外となります。

対象疾患の方やご興味のある方は、担当医・各セラピストへ一度ご相談ください。



トップページに戻る