岩橋クリニックの診療案内

整形外科

首(くび)

主な整形外科疾患

首(くび)

頚椎椎間板ヘルニア

症状

  • 手、うでがしびれる
  • 手、うでの感覚が鈍い
  • 手、うでの力が入りにくい
  • 首が痛む

なぜ痛くなる?

首のクッションの役割を果たす軟骨(椎間板)が変性することにより、または事故などの外傷により、飛び出し、神経を圧迫する病気です。

神経根症状と脊髄症状に分けられます。

神経根症状:上肢のしびれ、疼痛、感覚障害、筋力低下がおこります。
脊髄症状: 感覚障害が上肢から体幹、下肢まで起こり、歩きにくさが出たり、トイレが近くなったりします。

当院での治療

  • 原因検索のため、レントゲンMRIなどの検査をします。
    神経症状のある場合、MRIが必要となります。
  • 投薬によって患部の炎症を抑えます。
  • 神経ブロック注射によって局所の炎症を抑えます。
  • 装具療法により首の動きを制限します。
  • 運動療法により筋肉を鍛え、患部への負担を軽減。
  • 物理療法により筋肉の炎症を抑え、緊張をとります。
  • 症状の軽減が見られない場合は、脊椎専門医へ紹介いたします。
    (手術になる場合があります。)

頚椎捻挫

症状

  • 首の痛み
  • 首が回らない
  • 肩こり
  • 吐き気、めまい、しびれ
  •  

なぜ痛くなる?

交通事故やスポーツで首に力がかかり引き起こされる疾患。筋肉や関節の損傷による痛みや、それとともに神経が圧迫されることにより上肢のしびれを引き起こします。

また自律神経症状が起こることにより、めまい、耳鳴りが起こることがあります。

当院での治療

  • 原因検索のため、レントゲンMRIなどの検査をします。
  • 安静投薬によって患部の炎症を抑えます。
  • 神経ブロック注射により局所の炎症を抑えます。
  • 物理療法により筋肉の炎症を抑え、緊張をとります。
  • 急性期を過ぎれば、運動療法により筋肉を鍛え、患部への負担を軽減します。
  • 症状の軽減が見られない場合は、脊椎専門医へ紹介いたします。

頚椎症

症状

  • 首の痛み
  • 肩こり
  • 上肢、手のしびれ、痛み

なぜ痛くなる?

首の骨の間にある軟骨、椎間板が年齢とともに減ってきたり、骨が変形し突起(骨棘)がでてくると神経が通るトンネル、脊柱管が狭くなり神経を圧迫します。

頚椎の変形により首の痛み、肩こりが強くなります。

症状が増悪すると神経根症状と脊髄症状が出現します。

神経根症状:上肢のしびれ、疼痛、感覚障害、筋力低下がおこります。
脊髄症状:感覚障害が上肢から体幹、下肢まで起こり、歩きにくさが出たり、トイレが近くなったりします。
           

当院での治療

  • 原因検索のため、レントゲンMRIなどの検査をします。
    神経症状のある場合、MRIが必要となります。
  • 投薬によって患部の炎症を抑えます。
  • 神経ブロック注射により局所の炎症を抑えます。
  • 運動療法により筋肉を鍛え、患部への負担を軽減します。
  • 物理療法により筋肉の炎症を抑え、緊張をとります。
  • 日常生活指導により姿勢のチェックや指導をします。
  • 症状の軽減が見られない場合は、脊椎専門医へ紹介いたします。
    (手術になる場合があります。)

トップページに戻る