岩橋クリニックの診療案内

整形外科

腰痛・頚部痛・関節痛・外傷・スポーツ障害

整形外科とは人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱う医学の一部門です。

背骨・手・足など全身の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療します。
整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的とします。
不幸にして運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った機能を最大限に活用して、元の状態に出来るだけ近く機能を回復させることも整形外科の大きな役割です。勿論、この際リハビリテーションが必要なこともあります。
又、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなどと言われる病気)の治療を行なうのも整形外科の主要な仕事です。
手術適応症例に関しても、大阪大学整形外科関連病院との連携により適切な手術施設、手術方法をご提案させていただきます。
お悩みの方は一度ご相談ください。

模型
整形外科診療風景

 

膝痛・腰痛

膝・腰に痛みを抱え、どの病院に行っても「年のせいだから」と言われ、あきらめていませんか?
近年の高齢化社会に伴って「膝痛」、「腰痛」の人が増えています。 膝は歩くときにからだを支え、バランスをとり、地面からのショックを受け止める役目を持っています。
また腰は多くは2足歩行をはじめ特に「負担がかかる」ことの多い場所です。
「変形性関節症」をはじめ、膝痛・腰痛は病院に通い、医師に治療を任せておけばよくなるものではありません。
病院の治療とともに、本人が病気に対する知識を高め、自宅での運動療法を続ける必要があります。
自分の健康は自分で守るという意識が必要です。
これからは、自分の膝痛・腰痛の原因や対策についてより深く知り、正しい治療を行うことが大切です。

 


トップページに戻る