岩橋クリニックの診療案内

リハビリテーションセンター

当院のリハビリテーションでは急性期(怪我、術後、病気になってから間もない時期)から回復期(日常生活動作の向上、社会復帰を目指す時期)・維持期までのリハビリを一貫して行います。目的や病態に合わせて、一般のリハビリテーション、スポーツリハビリテーション、術前術後のリハビリテーションの3種類のリハビリテーションを行なっております。

リハビリテーション診療

 

一般リハビリテーション

一般リハビリテーション診療

一般リハビリテーションとは、病気や怪我により身体に問題が生じた人に対し日常生活や社会に早期復帰することを目的として、医師、理学療法士、作業療法士が連携して治療に当たるリハビリテーションです。

当院の場合、整形外科分野のみならず脳血管疾患にも対応いたしております。

当院における一般リハビリテーションは、医師の管理下のもとに担当の理学療法士、作業療法士が患者様一人一人にあった治療プログラムを立て、それに基づき筋力強化訓練、ストレッチ、動作訓練、身体の使い方の再教育を行います。これらを徹底指導することにより患者様自身によるホームエクササイズ、セルフストレッチへと段階的に移行することを目指します。また、必要性があれば物理療法や装具療法を組み合わせ治療を行います。

整形外科分野では、一般外傷、五十肩、変形性腰椎症、変形性膝関節など、脳血管分野では、脳出血、脳梗塞後の後遺症、片麻痺などあらゆる疾患に対応しています。

 

スポーツリハビリテーション

スポーツリハビリテーション

スポーツリハビリテーションとは、スポーツ選手、スポーツ愛好家が一般リハビリテーションに引き続き、早期のスポーツ復帰ができるように、それぞれのスポーツに応じた専門的なトレーニングをしていくことをいいます。また、障害の再発予防をはかることも重要な目的となります。

また、スポーツリハビリテーションでは治療のみでなく、障害に至った原因である動作、フォームの改善のために実際にボールを投げる、打つ、蹴る、走ることによりフォーム矯正や実戦形式でのトレーニングを行います。 当院におけるスポーツリハビリテーションは医師、理学療法士、作業療法士、アスレティックトレーナーが連携しておこないます。医師の指示のもと、担当の理学療法士、作業療法士とアスレティックトレーナーが患者様のスポーツ種目や目標に応じて競技復帰までのリハビリテーションプログラムを立て指導します。さらにトレーニングやコンディショニングを通じてケガの再発、運動パフォーマンスの向上を目指します。

スポーツリハビリテーション

必要があればテーピングや装具(サポーター)、足底板などを用いながらリハビリテーションをすすめます。スポーツ整形外科分野ではスポーツ愛好家からプロ選手と様々なレベルの方に対し、投球障害、肘靭帯損傷、腰痛、膝靭帯損傷、膝半月板損傷、足関節周囲の障害など、あらゆるスポーツ傷害に対応しています。

また成長期のスポーツ障害(膝の痛み、踵の痛み、腰の痛みなど)にも対応しています。特に成長期のスポーツ障害は自分自身でのセルフケアで予防できるものが多いため、自ら再発予防や怪我をした時に対応できるよう指導していきます。

 

術前術後リハビリテーション

術前術後リハビリテーション

術前術後リハビリテーションとは、手術による治療を選択する方のためのリハビリテーションです。手術前には患部の痛みや変形により、筋力低下、関節の可動範囲の制限、歩行障害、日常生活動作障害が現れることが多くみられます。手術によって患部の痛みは軽減しますが、筋力はすぐには戻りません。また、手術創部の痛みがあるからといって患部を動かさないでいると、関節の動きが制限され、結果として歩行や日常生活動作に支障をきたします。

このような問題が起こらないよう、術前からリハビリを開始し、術後の筋力低下、可動域制限を最小限にとどめるように準備します。また、術後早期からリハビリを開始し、可及的早期に筋力や関節の動きを回復させ、早期に日常生活動作を自立すること、社会復帰、スポーツ復帰をすることを目指します。

前十字靱帯再建術、肩関節脱臼術後、腰椎椎間板ヘルニア、人工膝関節置換術、人工股関節置換術などあらゆる術後リハビリテーションに対応しております。

 


トップページに戻る